知床の自然

夏休みをいただいておりまして、ありがとうございました。
この間、北海道の根室・知床方面を旅行しました。

風連湖にある春国岱(しゅんくにたい)で会った鹿の親子と、鶴の親子。
ラムサール条約指定の湿地帯です。

早朝に出かけましたので、空が朝焼けを反映しています。
人間に会う確率のほうが動物に会う確率よりも低かったです。

風連湖に沈む太陽。

風連湖目前のキャビンから見る夕陽。
デジタルデトックスもし、さっぱりして帰京しました☺
自分の中心に近づきたい時、自分を見つめなおしたいときには、自然のなかが一番簡単にできる気がします。モノも思考もいかに要らないものをたくさん持っているか。生活の場を離れて俯瞰してみると簡単にわかるのに、生活の場にいると色々なものに囚われて、常態化してしまいますね。
流れるように、旅するように、生きていきたいですね。